FC2ブログ
2010年07月19日

【映画】踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを開放せよ!

ようやく観てきましたヨット。
お台場までいく機会があったので、湾岸署のお膝元、お台場で観てきました。
公式HPはこちら

ウチの会社の某社長が言うには49点だったらしいのですが、その理由がよくわかりました。
観終わった瞬間は30点!でしたが、冷静になると49点が妥当かもしれません。

『踊る』であることでハードルが上がっているのはありますが、よくあるB級邦画に成り下がってしまった印象です。
全体的にぬるっとした何の印象にも残らないシーンがダラダラと続いたように思います。
1の「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
2の「レインボーブリッジ封鎖できませぇん」
というような、印象的なセリフも皆無。

また、共演者同士のからみもこれまでに比べれば少なくなっていたように思います。
これはもう「スケジュールが合わせられなかったのか?」と勘ぐってもいいレベルです。
みんなバラバラの場所で動いていて、湾岸署の所轄メンバー一丸となって事件解決!みたいな感じではまったくない。

もうね、がっかりでした。

あと、いくらdocomoとタッグを組んでるからといって、あんな露骨に最新携帯を全面にだすんじゃねぇよ!
スポンサーサイト




←ランキング参加中。よかったらクリックしてくださいネ。

Posted at 21:10:13 | 映画 | コ:0 | ト:0

2010年07月12日

【映画】ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

先週末、「踊る大捜査線3」を見ようと思ったんだけど、人が凄かったんで止めました。
代わりに、先々週のブランチでLiLiCoが勧めてたコレを見ました。

いや~下品!
もうね、最高にくだらなくて笑えた。

結婚式を控えた新郎と、その友人二人、さらに新婦の弟の四人でラスベガスに遊びに行く…という出だしのこの映画。
本編はベガスで一晩あかし、強烈な二日酔いの残った朝からです。
奮発して泊まったホテルのスイートはぐっちゃぐちゃに荒れてるし、バスルームにはトラ。クローゼットには見知らぬ赤ちゃんまで?!
でも、肝心の新郎がいないからさあ大変!!
昨晩のことは何一つ覚えていない男三人が、新郎探してベガスを右往左往。
そこで待ち受ける一晩の真実とは?そして結婚式には間に合うのか?!

みたいなお話です。
何も考えずに笑いたいなら是非見てみてください。
でも、お上品な人とは見に行かないでね!
気まずくなっても知りません。

←ランキング参加中。よかったらクリックしてくださいネ。

Posted at 23:55:50 | 映画 | コ:0 | ト:0

2010年06月20日

【映画】告白

公開されてからやたらと評判の良い、『告白』を観てきました!
もちろん原作なんて読んでないゼェ。

率直な感想としては映画として良く出来てました。これは評判いいのわかります。
まーそれも、原作がよく出来ているからなのかもしれませんね。
R15指定といことで、人が結構な血を出しながら死んじゃいます。
そこまでせんでも…という部分はありましたが、許容範囲か。

正直言って、「こんな中学生いねぇよ!」とは言えない。
こういう事があってもおかしくないかも…と思えてしまう今の(日本の)世の中なのが悲しい。
劇中では、思春期の子供の不安定さと、その不安定さを大人気なげなく容赦なく攻める大人のイヤらしさが突きつけられます。
下手したら、コレぐらいの年齢のお子様をお持ちの親御さん達はビビっちゃうかもしれないですね。
ただ、それだけに、子供とちゃんと向きあって『命』というものを真剣に考えてもいいのかもしれないです。

この映画のエグさは、なんといっても松たか子の力強さ。
冷たく澄んだあの瞳でじっと見据え、たんたんと「告白」するあの姿に目は釘付けになった。
そして、37人の生徒たちも最高の演技をしてくれていたと思う。
出演した子供たちが、この映画をどう受け止めたのか、非常に気になるところです。

最後に。
松さんの娘役はドラマ「MOTHER」のあの子だと思うんだけど、やっぱ可愛いですね。
登場シーンがそんなにあったわけじゃないけど、しっかりと印象に残りました。(死ぬんだから当たり前か?!w)

※公式HPがやたら重い場合がありそうです。我慢して表示されるの待ってください。

←ランキング参加中。よかったらクリックしてくださいネ。

Posted at 22:15:08 | 映画 | コ:0 | ト:0

2010年05月23日

【映画】劇場版TRICK 霊能者バトルロイヤル

久しぶりに書くのは映画の感想です。
しばらくこんな感じかも。
つか、もうブログなんてやめようか。

話しが逸れました。

見てきましたよトリック。
なんて言うかね、流石にもういいでしょって感じですよ。
あのくだらない流れのなかでの笑いてのが"らしさ"なのはわかってるけど、これを映画でやる意味あんのかね。
特別なサプライズもないまま、フォーマットに則った物語がすすむのは複雑な気持ちがした。

ガッカリするような出来でもなく、そつなくまとまってるのがいやらしい…。

←ランキング参加中。よかったらクリックしてくださいネ。

Posted at 21:31:29 | 映画 | コ:2 | ト:0

2010年04月15日

【映画】第9地区

話題の(?!)『第9地区』を見てきました。
キャストもスタッフも無名の映画でしたが、こないだのアカデミー賞にもノミネートされたことで注目度は上がってました。

前々から、他の映画を見た時の予告で流れていて気になっていたんですが…。
その予告では、本編序盤のコミカルな内容しか流れてませんでしたが、本編自体は結構グロ表現もあり女性と一緒に見に行くのは辛い内容でした。(自分は彼女とみてしまいましたが。)

お話としては、南アフリカのヨハネスブルグに突如宇宙船が現れて、司令塔を失い路頭に迷っている宇宙人を『第9地区』に収容して28年…という所から始まります。
まあ、この時点で突っ込みどころとして、エイリアンそんなに言う事聞くのかよ!ってのがあると思いますが、彼らは兵隊アリのような存在で、命令されないと全然驚異ではないらしいです。
宇宙人の武器も押収されますが、それらはエイリアンしか使えないということでした。

んでまあ、エイリアンの数も増えてきて治安もそんなによくないってことで『第10地区』に強制収容させようとするわけですが、そこで事件が起こります。

この続きはネタバレ要素が高くなるので割愛しようかな…。

この映画を見た人は、南アフリカって事もあってアパルトヘイトを意識したのでは?という感想を持つ人もいるようですね。
まー確かにそれっぽい感じはあるとおもうんですが、なんというか個人的にはもうちょっと大きなトコというか…そう、人間ってこういう生き物だよねって感じでした。

映画の感想としては「面白かった」になると思うんですが、何が面白かったのはうまく表現出来ないんですよね。
んーなんか不思議な映画でした。

←ランキング参加中。よかったらクリックしてくださいネ。

Posted at 21:28:41 | 映画 | コ:0 | ト:0

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

CALENDAR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ検索

月別アーカイブ